• BloomLand REP

<ブルーミング通信リニューアル第一号>      TEMPLE DINNER AT ANGKOR      

スースダイ!from シェムリアップ

元号が令和になり心機一転、しばらく更新できていませんでしたブルーミング通信を

リニューアル致しました。

今後は定期的にカンボジア、ラオス、ベトナム各地からブルーミング通信を発信していきますので、引き続き宜しくお願い致します。


アンコール遺跡でプライベート・ディナーショーの手配が出来ます。

現在トマノン遺跡とプラサット・クラヴァン遺跡の2か所のみ可能となっています。

遺跡許可や開催にあたるデポジット、最低25名様分のギャランティーなど条件は

厳しいですが、ご予算のある団体様にはお勧めです。


(トマノンでのテンプル・ディナー)

遺跡の前にカクテルスペース、その後ろにステージ、ステージ前にテーブルのセッティング

になります。




幻想的で特別感があり、お客様に大変ご満足頂け、思い出に残る夜になると思います。


(プラサット・クラヴァンでのテンプルディナー)

遺跡の裏側でお迎えしカクテル、その後正面のテーブル席でディナーショーという流れに

なります。





プラサット・クラヴァンは、トマノンに比べ遺跡と座席の距離が近くライトアップされた

遺跡の迫力に圧倒されます。


ご興味のある方は、是非お問い合わせください。

6月-10月の期間は雨期で雨の降る確率が高くなりますので、11月-4月の期間を

お勧め致します。

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

カンボジアは、3月17日より入国規制が大幅に緩和されていますが、現状に関して 下記ご連絡申し上げます。 カンボジア入国に関して ワクチン接種済みの場合の入国後の措置 【新しい入国措置】 以下の条件をみたしていれば入国後の隔離は不要です。 また、入国時の抗原検査もありませんので、入国直後より自由な行動が可能です。 【上記措置適用のための条件】 ●ワクチン接種済みであることを証明できる書類の提示 カン

シーチャオ From ホーチミン! ベトナムから日本帰国時の緩和が4月28日発表されました。 4月29日午前0時より適用となっています。 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00249.html ==================== ベトナムから日本への入国者、指定施設での待機不要に 水際措置緩和 2022/0

サバイディー From ビエンチャン! ようやく、ラオスも入国措置が緩和されました。 本日9日より、ラオス全国境が再開され、 外国人観光客のラオスへの入国が可能となりました。 以下、内容となります。 日本からラオスへの入国 【規定回数のワクチン接種者】 規定回数(2回) のワクチンを接種している者は、 出発前・到着後いずれもPCR、ATK検査なしで入国することが可能です。 入国後の隔離も不要