• BloomLand REP

<ブルーミング通信リニューアル第一号>      TEMPLE DINNER AT ANGKOR      

スースダイ!from シェムリアップ

元号が令和になり心機一転、しばらく更新できていませんでしたブルーミング通信を

リニューアル致しました。

今後は定期的にカンボジア、ラオス、ベトナム各地からブルーミング通信を発信していきますので、引き続き宜しくお願い致します。


アンコール遺跡でプライベート・ディナーショーの手配が出来ます。

現在トマノン遺跡とプラサット・クラヴァン遺跡の2か所のみ可能となっています。

遺跡許可や開催にあたるデポジット、最低25名様分のギャランティーなど条件は

厳しいですが、ご予算のある団体様にはお勧めです。


(トマノンでのテンプル・ディナー)

遺跡の前にカクテルスペース、その後ろにステージ、ステージ前にテーブルのセッティング

になります。




幻想的で特別感があり、お客様に大変ご満足頂け、思い出に残る夜になると思います。


(プラサット・クラヴァンでのテンプルディナー)

遺跡の裏側でお迎えしカクテル、その後正面のテーブル席でディナーショーという流れに

なります。





プラサット・クラヴァンは、トマノンに比べ遺跡と座席の距離が近くライトアップされた

遺跡の迫力に圧倒されます。


ご興味のある方は、是非お問い合わせください。

6月-10月の期間は雨期で雨の降る確率が高くなりますので、11月-4月の期間を

お勧め致します。

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

入国に関して、大きく変更はございませんが、ワクチン未接種者の入国条件が 緩和されました。 ☆入国後の各措置(ワクチン接種済みの場合) 【入国後の隔離】  ワクチン接種済みであることを証明する書類を提示することにより入国後の隔離は不要となります。  ※18歳以下の未成年については、本人が未接種でも同行する保護者が接種済みでしかるべく証明書を持っている場合は、その保護者と同様の扱いとなります。 ワクチ

ベトナムですが、前回の5月17日以降、特にアップデート情報はありません。 ベトナムの入国条件は前回5月にご案内した通り、 コロナ前の状況に戻っています。 これに伴い、ホーチミン市内では欧米人等の観光客も目立つようになってきました。 日本人のビジネス目的の渡航者は比較的よく見かけるようになってきましたが、 日本人観光客についてはまだまだ少ないのが現状です。 気軽に観光渡航できない理由の一つには、 や

ラオス、入国に関しまして、5月9日付けのブログ以降のアップ―デート、 特に変更などは今のところありませんが、 帰国前のPCR検査を受けられるセンターがもう1カ所もうけられました。 PCR検査センター 以前は、日本帰国前のPCR検査を受けられる機関は、国立疫学検査センター(NCLE)の1カ所のみでしたが、 現在は、IMDC(International Medical Diagnostic Cente