• BloomLand REP

<ブルーミング通信第2号>定番アンコール1日観光

スースダイ!From Siem Reap.

5月11日久しぶりにアンコール遺跡に行き定番コースを回ってきました。


0445 ホテルを出発し、まずはチケットセンターで入場券購入(1日券USD37.-)。


そしてアンコールワットへ。天気が悪く朝日は見れませんでした。




ホテルに戻り朝食を取り再度出発。

0830 からアンコールトム観光。


まずは、アンコールトムの南大門。


そしてアンコールトムの中心寺院バイヨン。


空中参道が美しいバプーオン。


天上の宮殿ピミアナカス


王のテラスからの眺め。勝利の門に道は続きます。


全長350mある象のテラス。


ライ王のテラスを見て、アンコールトム観光終了。そしてタプロム遺跡へ。


タプロム遺跡。崩壊が進んでいます。

これで午前中終了。


午後はアンコールワット観光へ

1430 レストラン出発


アンコールワット西参道。現在ソフィアミッション(上智大学)が修復中。2020年には

修復終了予定です。それまでは、お堀に浮かした橋を渡りアンコールワットに入ります。


この日は仏教の日で第三回廊には登れませんでした。


GW明けで日本人観光客は少なく、連休に入ったカンボジア人観光客が目立ちました。


これから雨期に入りますが、5-7月は観光客が少ない時期ですので、ゆっくりとじっくりと遺跡をご覧いただけるメリットもあります。


是非アンコール遺跡にお越しください。




閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

入国に関して、大きく変更はございませんが、ワクチン未接種者の入国条件が 緩和されました。 ☆入国後の各措置(ワクチン接種済みの場合) 【入国後の隔離】  ワクチン接種済みであることを証明する書類を提示することにより入国後の隔離は不要となります。  ※18歳以下の未成年については、本人が未接種でも同行する保護者が接種済みでしかるべく証明書を持っている場合は、その保護者と同様の扱いとなります。 ワクチ

ベトナムですが、前回の5月17日以降、特にアップデート情報はありません。 ベトナムの入国条件は前回5月にご案内した通り、 コロナ前の状況に戻っています。 これに伴い、ホーチミン市内では欧米人等の観光客も目立つようになってきました。 日本人のビジネス目的の渡航者は比較的よく見かけるようになってきましたが、 日本人観光客についてはまだまだ少ないのが現状です。 気軽に観光渡航できない理由の一つには、 や

ラオス、入国に関しまして、5月9日付けのブログ以降のアップ―デート、 特に変更などは今のところありませんが、 帰国前のPCR検査を受けられるセンターがもう1カ所もうけられました。 PCR検査センター 以前は、日本帰国前のPCR検査を受けられる機関は、国立疫学検査センター(NCLE)の1カ所のみでしたが、 現在は、IMDC(International Medical Diagnostic Cente