• BloomLand REP

<ブルーミング通信第2号>定番アンコール1日観光

スースダイ!From Siem Reap.

5月11日久しぶりにアンコール遺跡に行き定番コースを回ってきました。


0445 ホテルを出発し、まずはチケットセンターで入場券購入(1日券USD37.-)。


そしてアンコールワットへ。天気が悪く朝日は見れませんでした。




ホテルに戻り朝食を取り再度出発。

0830 からアンコールトム観光。


まずは、アンコールトムの南大門。


そしてアンコールトムの中心寺院バイヨン。


空中参道が美しいバプーオン。


天上の宮殿ピミアナカス


王のテラスからの眺め。勝利の門に道は続きます。


全長350mある象のテラス。


ライ王のテラスを見て、アンコールトム観光終了。そしてタプロム遺跡へ。


タプロム遺跡。崩壊が進んでいます。

これで午前中終了。


午後はアンコールワット観光へ

1430 レストラン出発


アンコールワット西参道。現在ソフィアミッション(上智大学)が修復中。2020年には

修復終了予定です。それまでは、お堀に浮かした橋を渡りアンコールワットに入ります。


この日は仏教の日で第三回廊には登れませんでした。


GW明けで日本人観光客は少なく、連休に入ったカンボジア人観光客が目立ちました。


これから雨期に入りますが、5-7月は観光客が少ない時期ですので、ゆっくりとじっくりと遺跡をご覧いただけるメリットもあります。


是非アンコール遺跡にお越しください。




31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

<ブルーミング通信第30号> ラオスコロナ対策(10月16日)

10月14日、ラオスCOVID-19対策特別委員会は、新型コロナウイルス市中感染がない国からの渡航者に対する待機措置緩和に係る通知を発出しました。 ”市中感染がない国” 残念ながら日本はまだ対象国ではないようですが、 少しづつ良い方向へ進んでいるようです。 以下、内容となります。 1 出発前72時間以内に発行されたCOVID-19検査証明書を携行の上、ラオス入国時に検査を受け、48時間後又は検査結