• BloomLand REP

<ブルーミング通信第2号>定番アンコール1日観光

スースダイ!From Siem Reap.

5月11日久しぶりにアンコール遺跡に行き定番コースを回ってきました。


0445 ホテルを出発し、まずはチケットセンターで入場券購入(1日券USD37.-)。


そしてアンコールワットへ。天気が悪く朝日は見れませんでした。




ホテルに戻り朝食を取り再度出発。

0830 からアンコールトム観光。


まずは、アンコールトムの南大門。


そしてアンコールトムの中心寺院バイヨン。


空中参道が美しいバプーオン。


天上の宮殿ピミアナカス


王のテラスからの眺め。勝利の門に道は続きます。


全長350mある象のテラス。


ライ王のテラスを見て、アンコールトム観光終了。そしてタプロム遺跡へ。


タプロム遺跡。崩壊が進んでいます。

これで午前中終了。


午後はアンコールワット観光へ

1430 レストラン出発


アンコールワット西参道。現在ソフィアミッション(上智大学)が修復中。2020年には

修復終了予定です。それまでは、お堀に浮かした橋を渡りアンコールワットに入ります。


この日は仏教の日で第三回廊には登れませんでした。


GW明けで日本人観光客は少なく、連休に入ったカンボジア人観光客が目立ちました。


これから雨期に入りますが、5-7月は観光客が少ない時期ですので、ゆっくりとじっくりと遺跡をご覧いただけるメリットもあります。


是非アンコール遺跡にお越しください。




閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

カンボジアは、3月17日より入国規制が大幅に緩和されていますが、現状に関して 下記ご連絡申し上げます。 カンボジア入国に関して ワクチン接種済みの場合の入国後の措置 【新しい入国措置】 以下の条件をみたしていれば入国後の隔離は不要です。 また、入国時の抗原検査もありませんので、入国直後より自由な行動が可能です。 【上記措置適用のための条件】 ●ワクチン接種済みであることを証明できる書類の提示 カン

シーチャオ From ホーチミン! ベトナムから日本帰国時の緩和が4月28日発表されました。 4月29日午前0時より適用となっています。 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00249.html ==================== ベトナムから日本への入国者、指定施設での待機不要に 水際措置緩和 2022/0

サバイディー From ビエンチャン! ようやく、ラオスも入国措置が緩和されました。 本日9日より、ラオス全国境が再開され、 外国人観光客のラオスへの入国が可能となりました。 以下、内容となります。 日本からラオスへの入国 【規定回数のワクチン接種者】 規定回数(2回) のワクチンを接種している者は、 出発前・到着後いずれもPCR、ATK検査なしで入国することが可能です。 入国後の隔離も不要