• BloomLand REP

<ブルーミング通信第5号>カンボジアのコロナウィルス情報

3月19日,カンボジア保健省はカンボジア国内において新たに10名の新型コロナウイルスへの感染が確認された旨発表しました。 3月20日14時現在,カンボジア国内における感染確認数は合計47例となっています。 保健省発表の概要は,以下のとおりです。 ◆ バッタンバン州 2名 (35歳と41歳のカンボジア女性)  両名とも,マレーシアにおける宗教行事に参加し,帰国後に感染が確認されたカンボジア人男性の配偶者で,それぞれの配偶者から感染。現在バッタンバン州立病院に入院中 ◆ カンダール州 1名 (60歳のカンボジア人男性)  マレーシアにおける宗教行事に参加した後に帰国し,感染が確認。現在カンダール州立病院に入院中 ◆ プノンペン都  1名(34歳のカンボジア人男性)  マレーシアにおける宗教行事に参加した後に帰国し,感染が確認。プノンペン都内チャアンレクラオム病院に入院予定 ◆ コンポンチャム州 6名 (26歳,34歳,34歳,52歳,58歳及び62歳のマレーシア人男性)  全員コンポンチャム州のコーンミア区内の村やコミューンにおいて宗教活動に従事 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ その他のカンボジアの現状として、以下ご連絡致します。

*ベトナムとカンボジアの国境は閉鎖しています。

*カンボジア国内のKTVなどの娯楽施設(ディスコ、カラオケ、クラブなど)の閉鎖。

*大勢が集まるイベントの開催を禁止。

*宗教的集会の停止、映画館、博物館の休館。

*全土の公立と私立の、幼稚園、保育園、小学校、中学校、高校、大学の休校処置実施。

*3月15日カンボジアは、イラン滞在歴のある旅行者の入国禁止を発表。

 14日のフランス、ドイツ、イタリア、スペイン、アメリカに続き、規制対象は6カ国目。


以上、ご報告致します。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

入国に関して、大きく変更はございませんが、ワクチン未接種者の入国条件が 緩和されました。 ☆入国後の各措置(ワクチン接種済みの場合) 【入国後の隔離】  ワクチン接種済みであることを証明する書類を提示することにより入国後の隔離は不要となります。  ※18歳以下の未成年については、本人が未接種でも同行する保護者が接種済みでしかるべく証明書を持っている場合は、その保護者と同様の扱いとなります。 ワクチ

ベトナムですが、前回の5月17日以降、特にアップデート情報はありません。 ベトナムの入国条件は前回5月にご案内した通り、 コロナ前の状況に戻っています。 これに伴い、ホーチミン市内では欧米人等の観光客も目立つようになってきました。 日本人のビジネス目的の渡航者は比較的よく見かけるようになってきましたが、 日本人観光客についてはまだまだ少ないのが現状です。 気軽に観光渡航できない理由の一つには、 や

ラオス、入国に関しまして、5月9日付けのブログ以降のアップ―デート、 特に変更などは今のところありませんが、 帰国前のPCR検査を受けられるセンターがもう1カ所もうけられました。 PCR検査センター 以前は、日本帰国前のPCR検査を受けられる機関は、国立疫学検査センター(NCLE)の1カ所のみでしたが、 現在は、IMDC(International Medical Diagnostic Cente