• BloomLand REP

<ブルーミング通信第5号>カンボジアのコロナウィルス情報

3月19日,カンボジア保健省はカンボジア国内において新たに10名の新型コロナウイルスへの感染が確認された旨発表しました。 3月20日14時現在,カンボジア国内における感染確認数は合計47例となっています。 保健省発表の概要は,以下のとおりです。 ◆ バッタンバン州 2名 (35歳と41歳のカンボジア女性)  両名とも,マレーシアにおける宗教行事に参加し,帰国後に感染が確認されたカンボジア人男性の配偶者で,それぞれの配偶者から感染。現在バッタンバン州立病院に入院中 ◆ カンダール州 1名 (60歳のカンボジア人男性)  マレーシアにおける宗教行事に参加した後に帰国し,感染が確認。現在カンダール州立病院に入院中 ◆ プノンペン都  1名(34歳のカンボジア人男性)  マレーシアにおける宗教行事に参加した後に帰国し,感染が確認。プノンペン都内チャアンレクラオム病院に入院予定 ◆ コンポンチャム州 6名 (26歳,34歳,34歳,52歳,58歳及び62歳のマレーシア人男性)  全員コンポンチャム州のコーンミア区内の村やコミューンにおいて宗教活動に従事 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ その他のカンボジアの現状として、以下ご連絡致します。

*ベトナムとカンボジアの国境は閉鎖しています。

*カンボジア国内のKTVなどの娯楽施設(ディスコ、カラオケ、クラブなど)の閉鎖。

*大勢が集まるイベントの開催を禁止。

*宗教的集会の停止、映画館、博物館の休館。

*全土の公立と私立の、幼稚園、保育園、小学校、中学校、高校、大学の休校処置実施。

*3月15日カンボジアは、イラン滞在歴のある旅行者の入国禁止を発表。

 14日のフランス、ドイツ、イタリア、スペイン、アメリカに続き、規制対象は6カ国目。


以上、ご報告致します。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

カンボジアは、3月17日より入国規制が大幅に緩和されていますが、現状に関して 下記ご連絡申し上げます。 カンボジア入国に関して ワクチン接種済みの場合の入国後の措置 【新しい入国措置】 以下の条件をみたしていれば入国後の隔離は不要です。 また、入国時の抗原検査もありませんので、入国直後より自由な行動が可能です。 【上記措置適用のための条件】 ●ワクチン接種済みであることを証明できる書類の提示 カン

シーチャオ From ホーチミン! ベトナムから日本帰国時の緩和が4月28日発表されました。 4月29日午前0時より適用となっています。 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00249.html ==================== ベトナムから日本への入国者、指定施設での待機不要に 水際措置緩和 2022/0

サバイディー From ビエンチャン! ようやく、ラオスも入国措置が緩和されました。 本日9日より、ラオス全国境が再開され、 外国人観光客のラオスへの入国が可能となりました。 以下、内容となります。 日本からラオスへの入国 【規定回数のワクチン接種者】 規定回数(2回) のワクチンを接種している者は、 出発前・到着後いずれもPCR、ATK検査なしで入国することが可能です。 入国後の隔離も不要