• BloomLand REP

<ブルーミング通信第16号>ラオスのコロナウィルス関連入国に関する情報(5月30日)


第3回目となる感染予防対策の一部緩和がラオス政府より発表されました。

(緩和実施期間:6月2日~6月30日)


ラオス政府は6月2日より6月30日まで,一定の条件の下,各種商業活動・工場等の通常営業,学校の再開,スポーツ競技の開催等を認めるとして,感染防止対策の一部緩和を発表しました。


以下、内容となります。


(1)教育スポーツ省及びその他の学校・教育機関を所管する省庁は,保育園・幼稚園,小学校1~4年,中等学校1~3,5,6年,職業専門学校・教育短大・大学の最終学年,及び短期研修・学習を2020年6月2日より再開すること。その他の学年(当館注:職業専門学校・教育短大・大学の最終学年以外)は6月15日より再開すること。再開にあたり,1メートル以上の間隔確保,衛生的な水・石鹸又はジェルを備えた手洗い場所の設置,マスク着用,体温検査,環境衛生等,対策特別委員会の勧告に従った感染予防対策を実施すること。教育スポーツ省に対し,詳細な実施勧告を発出することを指示する。



(2)あらゆる種目のスポーツ競技の開催を許可する。ただし,観客を入れないこと。



(3)ナイトマーケット,営業許可を受けた飲食店(酒・ビール等を提供し騒音を出す店を除く),及び映画館の営業を許可する。ただし,1メートル以上の間隔確保,衛生的な水・石鹸又はジェルを備えた手洗い場所の設置,マスク着用,体温検査,環境衛生等,対策特別委員会の勧告に従った感染予防対策を実施すること。

(4)各事業,商業活動,工場については,通常営業を認める。ただし,対策特別委員会の勧告に従い,1メートル以上距離をとること,清潔な水や石鹸,洗浄ジェルによる手洗い場所を準備すること,マスク着用,体温測定,清掃について準備を行うこととする。関係機関に対し,詳細な実施勧告を発出することを指示する。


●引き続き、一般人の出入国は禁止されております。


●一般人向けのVisaも全面的に発行停止となっております。




閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

入国に関して、大きく変更はございませんが、ワクチン未接種者の入国条件が 緩和されました。 ☆入国後の各措置(ワクチン接種済みの場合) 【入国後の隔離】  ワクチン接種済みであることを証明する書類を提示することにより入国後の隔離は不要となります。  ※18歳以下の未成年については、本人が未接種でも同行する保護者が接種済みでしかるべく証明書を持っている場合は、その保護者と同様の扱いとなります。 ワクチ

ベトナムですが、前回の5月17日以降、特にアップデート情報はありません。 ベトナムの入国条件は前回5月にご案内した通り、 コロナ前の状況に戻っています。 これに伴い、ホーチミン市内では欧米人等の観光客も目立つようになってきました。 日本人のビジネス目的の渡航者は比較的よく見かけるようになってきましたが、 日本人観光客についてはまだまだ少ないのが現状です。 気軽に観光渡航できない理由の一つには、 や

ラオス、入国に関しまして、5月9日付けのブログ以降のアップ―デート、 特に変更などは今のところありませんが、 帰国前のPCR検査を受けられるセンターがもう1カ所もうけられました。 PCR検査センター 以前は、日本帰国前のPCR検査を受けられる機関は、国立疫学検査センター(NCLE)の1カ所のみでしたが、 現在は、IMDC(International Medical Diagnostic Cente