• BloomLand REP

<ブルーミング通信第19号>ベトナムの現状(6月20日)


本日現在(6月20日)のベトナムのCOVID-19に関しての現状ですが、 これまでの感染確認342人、現在治療中17人、回復済み325人となっています。 https://ncov.moh.gov.vn/web/guest/trang-chu

新たに発生している感染者は全て海外からベトナムに帰国し、

強制隔離中のベトナム国民です。 ベトナム国内では最近の市中感染者が確認されていない状況で、 国内の生活は全て通常に戻っています。

エチケットとしてのマスク着用やホテルレストランでの衛生管理面の強化などは行われていますが、日常的に感染者が発生していないこともあり、あまり気にしない人も増えています。 外国人観光客がメインであったホテルやレストランは 引き続き休業又は廃業しているところもあります。  ベトナムでの国際線フライトについては7月から一部再開の動きもありますが、 国としての外国人受け入れの方針がまだ決まっていないのが現状です。 入国する旅客への対応方法などが、明確に決まるまでにはまだ時間がかかりそうです。 現状は以上となります。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

<ブルーミング通信第30号> ラオスコロナ対策(10月16日)

10月14日、ラオスCOVID-19対策特別委員会は、新型コロナウイルス市中感染がない国からの渡航者に対する待機措置緩和に係る通知を発出しました。 ”市中感染がない国” 残念ながら日本はまだ対象国ではないようですが、 少しづつ良い方向へ進んでいるようです。 以下、内容となります。 1 出発前72時間以内に発行されたCOVID-19検査証明書を携行の上、ラオス入国時に検査を受け、48時間後又は検査結