• BloomLand REP

ブルーミング通信第20号>ラオスのコロナウィルス関連情報(7月2日)

ラオス政府は先日、今回で第4回目となる感染予防対策の一部緩和を発表しました。

(実施期間:7月1日~7月31日)


今回の感染予防対策、一部緩和では、 カジノ、伝統行事、集会、結婚式、観客をいれたスポーツイベント、

これらの再開が許可されました。


一方でナイトクラブ、バー、カラオケなどは引き続き営業停止となっております。

隣国との全国境も封鎖されており、観光目的とする一般人の出入国も引きつづき禁止となります。ビザの発行も全面的に停止しております。


外交官、国際線機関職員、専門家等の出入国は許可されておりますが、

急を要する場合のみ対象となり、対策委員会の許可を得るなど

様々な手続きが必要となります。


詳細は以下リンクよりご覧ください。

2020/7/1新型コロナウイルス(感染防止対策の一部緩和:7月1日~7月31日)

https://www.la.emb-japan.go.jp/files/100070136.pdf

ラオス店、

Facebook、インスタグラムでも現地情報を発信しております。


●Fecebook : https://www.facebook.com/bloomingtourslaos

●Instagram : bloomingtourslaos






閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

入国に関して、大きく変更はございませんが、ワクチン未接種者の入国条件が 緩和されました。 ☆入国後の各措置(ワクチン接種済みの場合) 【入国後の隔離】  ワクチン接種済みであることを証明する書類を提示することにより入国後の隔離は不要となります。  ※18歳以下の未成年については、本人が未接種でも同行する保護者が接種済みでしかるべく証明書を持っている場合は、その保護者と同様の扱いとなります。 ワクチ

ベトナムですが、前回の5月17日以降、特にアップデート情報はありません。 ベトナムの入国条件は前回5月にご案内した通り、 コロナ前の状況に戻っています。 これに伴い、ホーチミン市内では欧米人等の観光客も目立つようになってきました。 日本人のビジネス目的の渡航者は比較的よく見かけるようになってきましたが、 日本人観光客についてはまだまだ少ないのが現状です。 気軽に観光渡航できない理由の一つには、 や

ラオス、入国に関しまして、5月9日付けのブログ以降のアップ―デート、 特に変更などは今のところありませんが、 帰国前のPCR検査を受けられるセンターがもう1カ所もうけられました。 PCR検査センター 以前は、日本帰国前のPCR検査を受けられる機関は、国立疫学検査センター(NCLE)の1カ所のみでしたが、 現在は、IMDC(International Medical Diagnostic Cente