• BloomLand REP

<ブルーミング通信第22号>カンボジアの現状(7月20日)

カンボジアの入国規制に関してですが、

https://www.kh.emb-japan.go.jp/itpr_ja/b_000197.html

上記大使館のページをご参照ください。

入国者自身に検査費用などを負担させるという、非常に厳しい状況で、

しばらくは観光客の入国は難しいのが現状です。

シェムリアップの状況ですが、ソーシャルディスタンスを守ることなどは現在

ほとんど行われておりません。

一部のお店やレストラン、スーパーなどでは、入るときに消毒と検温がありますが、それ以外はコロナ以前と全く変わらない様子となっております。

カンボジアでは、 海外からの入国者(カンボジア人含む)が、空港や2週間の隔離中に発症が確認されているため、カンボジアの発症数というのは現在も増えておりますが、  

カンボジア国内からのコロナ新規発症はかれこれ2ヶ月ほど出ていないため、 現在市民レベルではそこまで気にかけている人はおりません。

(マスクもほとんどの人はしておりません。)

現在新規発症はすべて海外からなので、政府も入国には非常にナーバスになっていると思われます。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

入国に関して、大きく変更はございませんが、ワクチン未接種者の入国条件が 緩和されました。 ☆入国後の各措置(ワクチン接種済みの場合) 【入国後の隔離】  ワクチン接種済みであることを証明する書類を提示することにより入国後の隔離は不要となります。  ※18歳以下の未成年については、本人が未接種でも同行する保護者が接種済みでしかるべく証明書を持っている場合は、その保護者と同様の扱いとなります。 ワクチ

ベトナムですが、前回の5月17日以降、特にアップデート情報はありません。 ベトナムの入国条件は前回5月にご案内した通り、 コロナ前の状況に戻っています。 これに伴い、ホーチミン市内では欧米人等の観光客も目立つようになってきました。 日本人のビジネス目的の渡航者は比較的よく見かけるようになってきましたが、 日本人観光客についてはまだまだ少ないのが現状です。 気軽に観光渡航できない理由の一つには、 や

ラオス、入国に関しまして、5月9日付けのブログ以降のアップ―デート、 特に変更などは今のところありませんが、 帰国前のPCR検査を受けられるセンターがもう1カ所もうけられました。 PCR検査センター 以前は、日本帰国前のPCR検査を受けられる機関は、国立疫学検査センター(NCLE)の1カ所のみでしたが、 現在は、IMDC(International Medical Diagnostic Cente