• BloomLand REP

<ブルーミング通信第23号>ラオスの現状(7月30日)


ラオスでは昨日、政府よりロックダウン解除後(4月1日~5月3日)5回目となる、

コロナウィルス感染予防対策のアップデートが発表されました。

以前までは、日を重ねるごとに様々な規制が緩和されてきましたが、

先日、ラオス国内で102日ぶりに海外から入国した外国人の感染が確認された事をうけて、今回は国際チャーター便の一時停止という措置が設けられました。


ラオス政府は先日、首都ビエンチャンで1名のCOVID-19感染者が

確認された旨を発表しました。

ラオス国内では102日間連続して、新たな感染者はゼロとなっておりましたが、 7月24日、国内で20人目となる感染者が確認されております。

発表された感染者は,7月18日,日本から韓国・仁川経由でQV922Aにてラオス入りした男性。

ラオス航空により、来月8月9日と12日にビエンチャン - インチョン間の 国際チャーター便が予定されておりますが、 これらの便もこれからラオス政府による会議の元、どのようになるのかが決まるようです。


詳細、以下のリンクよりご覧ください。


2020/7/30新型コロナウイルス感染拡大防止対策の継続(8月1日-31日)

https://www.la.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00221.html

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

入国に関して、大きく変更はございませんが、ワクチン未接種者の入国条件が 緩和されました。 ☆入国後の各措置(ワクチン接種済みの場合) 【入国後の隔離】  ワクチン接種済みであることを証明する書類を提示することにより入国後の隔離は不要となります。  ※18歳以下の未成年については、本人が未接種でも同行する保護者が接種済みでしかるべく証明書を持っている場合は、その保護者と同様の扱いとなります。 ワクチ

ベトナムですが、前回の5月17日以降、特にアップデート情報はありません。 ベトナムの入国条件は前回5月にご案内した通り、 コロナ前の状況に戻っています。 これに伴い、ホーチミン市内では欧米人等の観光客も目立つようになってきました。 日本人のビジネス目的の渡航者は比較的よく見かけるようになってきましたが、 日本人観光客についてはまだまだ少ないのが現状です。 気軽に観光渡航できない理由の一つには、 や

ラオス、入国に関しまして、5月9日付けのブログ以降のアップ―デート、 特に変更などは今のところありませんが、 帰国前のPCR検査を受けられるセンターがもう1カ所もうけられました。 PCR検査センター 以前は、日本帰国前のPCR検査を受けられる機関は、国立疫学検査センター(NCLE)の1カ所のみでしたが、 現在は、IMDC(International Medical Diagnostic Cente