• BloomLand REP

<ブルーミング通信第23号>ラオスの現状(7月30日)


ラオスでは昨日、政府よりロックダウン解除後(4月1日~5月3日)5回目となる、

コロナウィルス感染予防対策のアップデートが発表されました。

以前までは、日を重ねるごとに様々な規制が緩和されてきましたが、

先日、ラオス国内で102日ぶりに海外から入国した外国人の感染が確認された事をうけて、今回は国際チャーター便の一時停止という措置が設けられました。


ラオス政府は先日、首都ビエンチャンで1名のCOVID-19感染者が

確認された旨を発表しました。

ラオス国内では102日間連続して、新たな感染者はゼロとなっておりましたが、 7月24日、国内で20人目となる感染者が確認されております。

発表された感染者は,7月18日,日本から韓国・仁川経由でQV922Aにてラオス入りした男性。

ラオス航空により、来月8月9日と12日にビエンチャン - インチョン間の 国際チャーター便が予定されておりますが、 これらの便もこれからラオス政府による会議の元、どのようになるのかが決まるようです。


詳細、以下のリンクよりご覧ください。


2020/7/30新型コロナウイルス感染拡大防止対策の継続(8月1日-31日)

https://www.la.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00221.html

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

カンボジアは、3月17日より入国規制が大幅に緩和されていますが、現状に関して 下記ご連絡申し上げます。 カンボジア入国に関して ワクチン接種済みの場合の入国後の措置 【新しい入国措置】 以下の条件をみたしていれば入国後の隔離は不要です。 また、入国時の抗原検査もありませんので、入国直後より自由な行動が可能です。 【上記措置適用のための条件】 ●ワクチン接種済みであることを証明できる書類の提示 カン

シーチャオ From ホーチミン! ベトナムから日本帰国時の緩和が4月28日発表されました。 4月29日午前0時より適用となっています。 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00249.html ==================== ベトナムから日本への入国者、指定施設での待機不要に 水際措置緩和 2022/0

サバイディー From ビエンチャン! ようやく、ラオスも入国措置が緩和されました。 本日9日より、ラオス全国境が再開され、 外国人観光客のラオスへの入国が可能となりました。 以下、内容となります。 日本からラオスへの入国 【規定回数のワクチン接種者】 規定回数(2回) のワクチンを接種している者は、 出発前・到着後いずれもPCR、ATK検査なしで入国することが可能です。 入国後の隔離も不要