• BloomLand REP

<ブルーミング通信第35号> ラオスの現状(12月18日付)

更新日:2021年12月20日

ラオスの現状報告致します。


殆どのお店がオープンし日常を取り戻してきておりますが、

市中感染が拡大しているので、ロックダウンでなはなく、

感染のために再度お店を閉めなければいけないケースが

ここ最近増えてきています。

バー、フィットネス、カラオケ、マッサージ店などはまだ営業停止状態です。

また学校も未だ休校しております。

昨日、ラオス政府より来年1月1日から、”Green Travel Zone” に基づき、 17ヶ国からの外国人観光客の受け入れを再開すると正式な発表がありました。 以下内容となります。 外国人旅行者の受け入れにおいて、現時点で許可されているのは 現地のツアーオペレーターを通して予約されたグループツアーのみとなります。 現地ランドオペレーターは、提案書、旅程、ホテル予約確認書、旅行者パスポートコピー、 ワクチン証明書、コロナ保険証明書等を指定機関に提出し、許可が必要。 【受け入れ対象国】 中国、日本、韓国、ベトナム、カンボジア、タイ、マレーシア、シンガポール、フランス、 イギリス、ドイツ、オランダ、スペイン、イタリア、アメリカ、カナダ、オーストラリア。 これらの国からの旅行者で、 以下条件を満たすものはラオスへの入国が可能となります。 【必須条件】 ※指定回数のワクチン接種を完了してる者、尚且つ指定の回数摂取から14日間以上が経過している者。 ※5万ドル以上のカバレージがあるコロナ保険加入要 ※ラオス入国前、72時間以内PCRテスト陰性証明書 ※到着時、空港でのPCR検査、その後検査結果が出るまで24時間ホテルでの待機 ※入国前Lao Safety Safeアプリのインストール 【開国の段階】 1月1日からの開国は3段階で行われます。 段階によって、ラオス国内で訪問可能な県が異なります。 ●フェーズ1 : 1月1日~3月30日 ●フェーズ2 : 4月1日~6月30日 ●フェーズ3 : 7月1日~ 【観光可能な地域】 観光可能な地域は以下の2つのゾーンに分けられます。 ●Green Travel Zone : ワクチンの接種率が最低でも人口の70%以上に達している県 (首都ビエンチャン、ルアンパバン、バンビエン) ●Green Travel Trails : ワクチン接種率が人口の70%に満たない県 (ウドムサイ、サイニャブリー、シェンクアン、カムワン、チャンパサック) その他、4県(フェイサイ、ルアンナムター、セコン、サラワン)もフェーズ2の段階でGreen Travel Trail に追加される予定。 【フェーズどこに訪問可能な地域】フェーズ1 (1月1日~3月30日) : 首都ビエンチャン、ルアンパバン、バンビエン ●フェーズ2 (4月1日~6月30日) : 首都ビエンチャン、ビエンチャン県、ルアンパバン、バンビエン、ウドムサイ、 サイニャブリー、シェンクアン、カムワン、チャンパサック ●フェーズ3 ( 7月1日~) : 未定 【再開対象国境】 全国境が一度に再開されるわけではなく、段階的な再開になります。 ●フェーズ1 (1月1日~3月30日)で再開される国境は、 首都ビエンチャンのワッタイ空港と、ラオス-タイ第一友好橋(ビエンチャン-ノンカイ間、陸路の国境) の2カ所 ●フェーズ2では、上記2つに加え、 ルアンパバン空港、ルアンナムター県、中国との国境ボーテン-モーハン、第三友好橋タケーク(ラオス-タイ間)、 第二友好橋サワナケート(ラオス-タイ間)、パクセーのチョンメック(ラオス-タイ間)、 サワナケートのラオバオ(ラオス-ベトナム間)、ボリカムサイのラクサオ(ラオス-ベトナム間)これらが再開する予定。 【ビザの取得方法】 アライバルビザの取得が可能か、 または事前申請が必要となるのかは全時点不明。 【国際線】 シンガポールのLCCスクートが 今月12月のシンガポール - ビエンチャン間の運航を開始しました。 (月4便、12月8日、18日、21日、25日) 来年1月からは週2便(火、土)の運航予定。 ★ビエンチャン-インチョン間 QV: 月4~5便 (2022年1月から月6便に増便)

★ビエンチャン-バンコク間 QV : 月3便 PG : 月1便

★ビエンチャン-クアラルンプール間 AK : 月1便 MH : 月1便

【国内線】 ビエンチャン-パクセー間 : 週4便 ビエンチャン-ルアンパバン間 : 週3便 ビエンチャン-サワナケート間 : 週2便 ビエンチャン-シエンクアン間 : 週2便 ビエンチャン-ウドムサイ間 : 週3便

【国内の感染者数】 ここ1週間、1日、1000~1800人辺りです。うち半数以上は首都ビエンチャンで、 ビエンチャンは1日500~900人、ルアンパバンは1日100人前後ほどです。


以上、ご報告致します。

閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

入国に関して、大きく変更はございませんが、ワクチン未接種者の入国条件が 緩和されました。 ☆入国後の各措置(ワクチン接種済みの場合) 【入国後の隔離】  ワクチン接種済みであることを証明する書類を提示することにより入国後の隔離は不要となります。  ※18歳以下の未成年については、本人が未接種でも同行する保護者が接種済みでしかるべく証明書を持っている場合は、その保護者と同様の扱いとなります。 ワクチ

ベトナムですが、前回の5月17日以降、特にアップデート情報はありません。 ベトナムの入国条件は前回5月にご案内した通り、 コロナ前の状況に戻っています。 これに伴い、ホーチミン市内では欧米人等の観光客も目立つようになってきました。 日本人のビジネス目的の渡航者は比較的よく見かけるようになってきましたが、 日本人観光客についてはまだまだ少ないのが現状です。 気軽に観光渡航できない理由の一つには、 や

ラオス、入国に関しまして、5月9日付けのブログ以降のアップ―デート、 特に変更などは今のところありませんが、 帰国前のPCR検査を受けられるセンターがもう1カ所もうけられました。 PCR検査センター 以前は、日本帰国前のPCR検査を受けられる機関は、国立疫学検査センター(NCLE)の1カ所のみでしたが、 現在は、IMDC(International Medical Diagnostic Cente